HOME > 第17回 愛知県自動車整備技能競技大会 > CHAMP
第17回 愛知県自動車整備技能競技大会 優勝チーム特集
CHAMP
中村 槙吾さん
SHINGO
NAKAMURA

CHAMP
上原 聖さん
TAKASHI
UEHARA

OFFICE
新明工業株式会社
〒471-0874 愛知県豊田市前田町3丁目20番地
TEL. 0565-32-1731
 〉〉 出会い  〉〉 愛知県大会当日  〉〉 全国大会に向けて
 〉〉 自分の車の整備は?  〉〉 この業界を選んだのは?  〉〉 プライベート
 
 〉〉 出会い
中村 槙吾さん(以下 中村) 前回の大会で移動した際に上原くんと同じ職場で働きました。
また、今は移動していますので違う部署ですが。
上原 聖さん
(以下 上原)
中村さんは社内でも話しやすいです。トゲトゲしていないので(笑)
技術的なアドバイスがもらえるので、自分でやっちゃわずに、後はやってって、やってる本人がやれるようにアドバイスもらえるので勉強になります。
中 村: 毎回聞かれても困っちゃうので(笑)
その瞬間瞬間で、違うので対応できるようになっていってほしいので、できるだけ自分で考えてもらえるようには心がけています。
  前回から2年、大会から学んだのは、予想で故障箇所を後輩へ伝えるのではなく、聞かれた時にどう教えるか、どこまでやらせるか、わかるようにするかを考えるようになりました。
  ちょっと今はデスクワークが増えてきたので、整備したいな〜とウズウズしてくることもあります(笑)
暑い中での厳しい整備というのは無くなりましたが(笑)
色々な部署へヘルプで飛び回るような教育する立場になりました。
上 原: 車検がメインの部署なので一般整備からは少し離れているのですが、今回の大会でも1年点検もありますので、しっかり見るところなんかも現場で活かせると思います。
美間坂 一美さん(以下 美間坂)新明工業株式会社グループリーダー 年末に大会への出場意思をみんなに聞いてまわりはじめてました。
上 原: 前回の優勝者の濱口さんが同じ部署にいましたので比較的大会は身近でした。
やってみるかと言われるまでは直接実感もなかったです。
聞かれて、自分も出てみたいと立候補しました。
部長が他センターも含めて1級整備士を中心に声をかけられていましたし、ボクはまだ2級なので他にもいっぱい凄い人がいたので出場する事になったときはなんとかしなきゃマズいと思っていました。
 〉〉 愛知県大会当日
中 村: 予選では、緊張もあったんですが、練習のしすぎ(例題ビデオの見過ぎ)でお客さんの名前をビデオの名前で呼んでしまいました(笑)
練習しすぎもだめですね〜(笑)
今回は緊張しすぎてはいなかったんですが。
上 原: たくさんの人に見られて仕事をする事はないので緊張しました。仕事では大体が1対1ですので。
それよりも、ボクが落とすと槙吾さんもダメになっちゃうって(笑)
ー : 作戦タイムには、なにを話しました?
中 村: 「エンジンが掛からない」の文字と、「パワーウィンドウ」が載っていたので、上原くんに想定しておいてねと、重点的に見ようと作戦をたてていました。
頭の中で配線図を思い浮かべてというのがメインでした。
その時点で役割分担を決めました。
上 原: 時間を早めて8問全て解くと想定していたのですが、時間を気にし過ぎて、触っていればわかっていたものも目視だけで終わってしまったのもありました。
中 村: 始めの段階で全て出す、基本的な項目、怪しいところをを軽く見て、不具合場所を振り分けて作業をしたかったのですが、出る物が出なくて後半もたつきました。
もうちょっと、出せればしっかりと割り振りが出来たんですが、反省です。
上 原: 前半のうちに全部だして後半にのぞみたかったですね。
中 村: 前回よりも今回の方が難しかった感じがしました。
いやらしい問題もありましたね(笑)
全部やれたとしても時間内に終わったか…。
美間坂: 下まわりを2回見てるんですよね、1回で全部みれていれば無駄がなかったんですが。
中 村: 二人でやらなければできない課題がありました。
ウォッシャー液の口がゆがみ、変な方向へ飛ぶようになっていたので、出るか出ないかのチェックだけではダメでした。
上 原: 床が濡れているのは気がついていたのですが…。
中 村: 運転席からは出ているのはチェックできたんですが…。
上 原: 床と車体は拭いたので、もう少し気にしていれば…。
ー : パワーウィンドウスイッチの不具合については?
美間坂: 最後の方で内張りをはずしたのはビックリですね。他のチームはやってないのに大丈夫か?って(笑)
中 村: まさかハーネスまでは、と捨てようとした項目でしたがこだわってチェックし、結果見つけることができました。
ー : 他のチームは途中までであきらめていたようですよ。
上 原: 自分もまさか〜と思いこんでいましたね。
思考停止してて(笑)中村さんお願いって(笑)
美間坂: それもある意味よかったですね。時間も限られていますので、そればっかりやっていても。
全国大会でも、大きい課題が2〜3あると思いますので、中村へ振ることも必要ですね。
中 村: 全国大会は会場も広いので聞こえなかったりするので声がけは必要ですね。
上 原: 練習で声を出しておかないと本番でないので出しておこうと練習していました。
 〉〉 全国大会に向けて
中 村: 全国大会で使われる型の日産ノートは触った事がなくて…。
前回のNボックスも大変でしたが…。
やっちゃえ日産じゃないですけど、やっちゃえれば(笑)
トヨタに慣れてるのもありますが、ちょっとクセがあってやりにくいですね。
中 村: 年齢的に今年全国優勝しないと次回は、とも思います。3位でも次回大会は出場できなくなりますので(笑)
 年齢で…とか、汗だくで力がないとなんともならないという世界でもなくなってきてはいますが、経験を活かせるように知識を増やしていきたいです。
上 原: 中村さんに追いつけ追い越せじゃないですが引っぱられるだけじゃなく、フォローできるようやれるところを増やしたいです。
全然力が足りなくて…。全国ではカバーできるようになりたいです。
時間優先で思い込みでやってる部分もありましたし。
上 原: 優勝できるならどんなトレーニングでも耐えます(笑)
 〉〉 自分の車の整備は?
中 村: 自分の車に乗っていると、この感じ、あれ?ココが悪いのかなとか気がつきますが、まあ大丈夫だろうと優先順位で考えちゃいますね。自分のことになると(笑)
他人の車に乗っていても音とか気になっちゃうので…病気ですね(笑)
上 原: 車の構造を考えながら運転しちゃいますね。ただ曲がるだけじゃなくて自分の車はこういう構造でこうやって動いているんだなっていうのを意識してしまいます。整備にも役立っていますね。
 〉〉 この業界を選んだのは?
上 原: 車が好きで整備士になりました。本を見たりして古い車も好きで整備したいと思いました。
 古い車からハイブリッドまで新明なら扱えると思い入社しました。
 沖縄出身で18歳で設備も充実していたトヨタ名古屋自動車整備大学校へ入学しました。卒業して新明へ。
 トヨタ博物館にあるような車も触れるといいなとも思っています(笑)
 もちろん、古い車も触れて、新しい車も触れるのが理想ですので何でもできる新明っていうことを自分自身も目指しています。
中 村: 車はそんなに好きでも嫌いでもなかったのですが、興味があったのでこの業界を選びました。
 学校も一番大きくて充実しているということでトヨタ名古屋自動車整備大学校を選びました(笑)
上 原: 沖縄は軽自動車が多く、中古車が多いです。道も狭いところが多いので小さい車の方が良いとの考えが多いですね。
自然と修理が多く、乗り続けたいという要望が多いですね。
今はいずれ独立とかそんな事も考えてはいませんが、新明センター沖縄を作ってもらえれば真っ先に行きます(笑)
中 村: ボクも行きたいですね(笑)海の家も作って(笑)
 〉〉 プライベート
上 原: 休みの日はやっぱり子供と遊んでいます。
実家には遠いので頻繁には帰れませんが、子供を連れて先日も沖縄へ帰郷しました。飛行機にも乗れましたし。
豊田市は色々な都市部の真ん中にあるので遊ぶにもアクセスが良く車が好きなので移動もしやすいので生活しやすいです。
やっぱり自分の時間は減ってしまっていますので趣味のドライブだったりがなかなか出来なくはなりましたが楽しいですね。
  過去に大きな賞をとったこともなかったです。陸上部でした。また軽音楽もやってドラムをやっていました。
車のエンジン音を聞いて、今日はリズムが違うな?いつもより走ってるぞ!なんてことはありませんけど(笑)

中 村: 2年前とそんなに変わっていないので前回のインタビューをコピペしといてください(笑)

→前回のインタビューはコチラをクリック
  子供はまだ小さいので今の状況はやっぱりわかってはいないですね。
お父さんは凄かったぞと、とトロフィーとかモノを並べておかないと(笑)
そのためにも優勝したいですね。
中 村: 大会の事は妻もプレッシャ―をかけないようにと思ってくれているようであまり言わないですね。大会が今年あるけどと伝えたときは、出たらと背中をおしてくれました。
上 原: 大会に優勝した事や、全国大会に出場すると、親にも一応伝えてあるのですが、遠いのもありますが応援に来てもらえると嬉しいですがはずかしいのであんまり見られると…。見ないで下さいネって(笑)
でも自分の成長をみてもらえるのも嬉しいです。
  妻に大会に出ると伝えたときは、応援がてらディズニー行くから全国出てねっていわれました(笑)
そういいながらしっかり応援してくれています。うれしいですね(笑)
美間坂 一美さん
新明工業株式会社
自動車事業本部
業務管理部
サービス支援室 教育・改善G
グループリーダー
Copyright(C) ajss Japan allright reserved. 禁無断転載 : This site is in Japanese only.